人気ブログランキング |

タグ:グルメ ( 40 ) タグの人気記事

昨日は結婚記念日。Bon Pinardでワインとお食事を楽しんできました。

アミューズは、人参のムースとコンソメのジュレ。
人参の甘みとコンソメの味わいがとてもマッチしておいしい。
Bon Pinard(ボンピナール)@元麻布_d0113725_16175058.jpg

前菜は、私は鰻のファルシ。
中には軟骨やかみごたえのある素材が入っています。付け合わせは、モロヘイヤ、みょうがなどの野菜がたっぷりで少し和風な感じでおいしい!
●合わせたグラスワイン
Chassagne Montrachet 1er Clos de la Maltroie 2009 Domaine Michel Niellon
2009年と若いのですが、香りが華やかですばらしく、久々にワインエキスパート2次試験に向けての練習ワインと違い豪華な味わいを楽しみました。
Bon Pinard(ボンピナール)@元麻布_d0113725_16333641.jpg

うちのワインの師匠の頼んだ前菜は、ボンピナール風モツ煮
●合わせたグラスワイン
Languedoc Piquepoul de Pinet 2010 Domaine Felines Jourdan
アロマティックなワインで、酸もしっかりあって、意外にもこのモツ煮に合うんです。
Bon Pinard(ボンピナール)@元麻布_d0113725_16472061.jpg

●記念日のご褒美ワインはこちら
Cote Rotie 1986 La Viaillere A. Dervieux-Thaize
1986年はまだ学生の頃。たしかNZに自転車で旅をした年。香りが華やかで、複雑で、とてもなめらかで・・・練習ワインと違って、涙がでるほどおいしいと思いました。
Bon Pinard(ボンピナール)@元麻布_d0113725_178280.jpg

合わせたお料理はこちら。
私は、仔羊のロースト 黒オリーブの香り
黒オリーブのペースとがなかなかGood。茸のソテーも秋の味覚で満足な一皿でした。
Bon Pinard(ボンピナール)@元麻布_d0113725_16585011.jpg

うちのワインの師匠は、鶉。
Bon Pinard(ボンピナール)@元麻布_d0113725_1705085.jpg

ここでお腹がいっぱいで、デザートワインでしめました。
Bon Pinard(ボンピナール)@元麻布_d0113725_1761251.jpg

やっぱり美味しいワインは違いますね。この日でご褒美ワインはおしまい。
2次試験まで3000円以内のワインで頑張ります!
サクラサク \\^^/ その2_d0113725_18525642.jpg

さて、このワインエキスパート試験の勉強をしてよかったのは、世界各国の歴史があらためて学べたこと。
ブドウ栽培がスタートして、どんな風に世界各国に広まり、ワインが造られていったか。
紀元前から今にいたるまでの政治的な背景、いろいろな事件・出来事が大きく影響を与えています。
高校時代、世界史を無理やり覚えていたときと違って、趣味の中で歴史を見るのは結構楽しいものですね。
そしてもともと好きな地理も学べたのも良かったです。
ワインは、そのブドウのある土地の条件、山脈、海流なんかが影響して、気候も大きく変わりますよね。
おいしいワインは、そういう自然条件が一番効いているんです。
もちろん造り手さんも重要なんですが。

歴史以外に、例えばイタリアの小さなDOCなんかも覚えるのは結構つらかったですが、無理やり覚えていくとイタリア語の響きにもなんとなく慣れてくるから不思議なものです。

勉強してから今まで以上にワインの奥深さを感じるようになりました。
ようやくうちのワインの師匠が、ワインにはまった理由がわかったような気がしました。

これからワインの旅をするとき、今までよりも楽しく感じることは間違いないです。
それだけでも受験をしてよかったと思えるようになってきました。
サクラサク \\^^/ その2_d0113725_18534676.jpg

一次試験まで一緒に助け合ってきたお友達、既に資格をお持ちでいろいろな情報をくださったお友達、応援してくれたお友達、そして毎日駅まで迎えにきてくれたうちのワインの師匠に感謝いたします。
ありがとうございました。
サクラサク \\^^/ その2_d0113725_18553949.jpg

あとは2次試験。体調を管理しつつ安いワインで練習します。

これからは、今まで通りアップしていきますので、よろしくお願いします♪

☆これまでの写真は、合格発表に日に IZAKAYA VIN@渋谷でグラスでいただいたワインと料理です。
  安心していただくワイン&料理は、おいしかったぁー
by memefiesta | 2011-08-26 18:59 | ワイン
4月17日 山梨県津金にある素晴らしいワイナリー、Beau Paysage 2009 リリースパーティに行ってきました。
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_1622886.jpg

岡本さんのリリースパーティも年々グレードアップし、今年はグランメゾンのレストラン タテル ヨシノ 銀座で開催。
3年前だったか、お料理教室の先生主催のディナーパーティもこのレストランでしたが、その時に最初の方でいただいたワインがBeau Paysage だったので、めずらしいなぁと思っていました。
実は、タテルヨシノの支配人である若林氏が岡本さんのワインに惚れこんだことがきっかけでレストランでも提供しているとのこと。今回、タテルヨシノでのリリースパーティとなったのも納得できます。

例年通り、ライターの鹿取みゆきさん(右)の進行のもと、若林さん(左)、岡本さん(中央)のお話からスタートです。
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_163549.jpg

今回は、日本ワインを愛する会の副会長でもある俳優の辰巳琢郎さんも参加されていました。
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_1652510.jpg

テーブルの上にはたくさんのリーデルのグラス。Beau Paysageを久しぶりにいただける楽しみな瞬間です。
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_1655083.jpg

Wine とお料理はこちら

仔ヤギのカルパッチョ
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_1695694.jpg

Wine: Beau Paysage Tsugane Chardonnay 2009
輝きのあるゴールデンイエローで、樽の香りがちょうどよく、酸はマイルドで果実味がギュとつまった濃厚な感じ。岡本さんのシャルドネが一番好きなこともありますが、2009年のシャルドネは今まで以上に最高でした。
岡本さんのお話:2009年はアルコールが高いのが特徴。2008年より1%以上高い。いつも補糖しないようにしているが、2009年は良い年だった。
お料理について:シェフの故郷、喜界島の仔ヤギをつかったカルパッチョ。少しスモークしてあり、添えてあるルーコラ、パリパリのガーリック、チーズがとても合う。当然シャルドネとの相性も最高でした^^

マグロの赤身とナスのミルフィーユ
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_1610276.jpg

Wine: Beau Paysage Tsugane Pinot Noir 2009
きらきらとしたガーネット。赤い果実、熟れたいちごジャムの香り。アルコールが高めの印象で、とてもなめらかで果実味がしっかりあるおいしいピノノワール。
岡本さんのお話:しっかりとした酸がいつもより減っている。2009年はいつもの4倍取れた。それだけよい年だった。ピノノワールは120本しか植えていない。それは15年前に植えようと思った時、ワイン用のブドウでピノノワールは絶対に手を出してはいけない品種と言われていた。また一人でやっていたので、収穫に手がかかるので面積を増やせなかった。今は3人になったので徐々に増やしている。
お料理について:ブイヨンでナスに味を付けているそうで、非常に手の込んだミルフィーユ仕立て。当然ピノノワールにしっかりとマッチしていました。

人参をまとったフォアグラのフォンダン よもぎのジュレ
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_16105116.jpg

Wine: Beau Paysage Tsugane Le vent 2009
濃いルビー色。杉のような香り。カベルネソーヴィニヨン50%、メルロー50%。酸もしっかりあり、骨格を感じさせるしっかりとした感じ。
岡本さんのお話:いつもより収穫が遅かった。収穫の際に霜になるときがあり、幹が割れてくる時もある。そんなわけで5年に1度ぐらい使えればいいと思っている。ワインにするとおもしろい味わいがでる。2009年は気候が良くて手がかからなかった。
お料理について:フォアグラの中に2層にトリュフ、ピスタチオのムースもサンド。よもぎのニュアンスが料理にぴったり合っていました。

軽くスモークしたサーモンミーキュイ ステラマリス風
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_16111550.jpg

Wine: Beau Paysage Tsugane La montagne
濃いルビー色。Le ventより青みが強い感じ。凝縮した果実味でボリュームがしっかりある。余韻が長く、これが料理と最高にマッチしていました。
岡本さんの話:メルロ100%のワインでアルコールがいつもより高いです。(あとは聞こえなかった…)
お料理について:サーモンを燻製にした後厚く切ってレアに火を入れている。後味にスモークの香りがでてくる。じゃがいものクレープと、パプリカとマーマレードを合わせたものが添えてある。若林さんは、Le montagneのストラクチャーがしっかりあり樽のニュアンスがあるので、このサーモンとワインの果実味やミネラルがマッチすると思ったそうです。実際このサーモンは本当においしく料理の中で一番好みでした。ワインとの相性もばっちりでした。

ここまでのワインはこんな感じです。
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_1758060.jpg

スタートした時明るかった店内も夜はこんな感じに。天井が高く落ち着いた雰囲気が素敵です。
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_17591491.jpg

仔羊のロースト ペルシヤード風
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_1615086.jpg

Wine: Beau Paysage Tsugane La bois
赤く濃いルビー色。香りのボリュームが強く、熟したフルーツ、干ブドウ、少しミルキーなチーズの香りも。果実の甘みもしっかりありました。カベルネフラン100%のワイン。羊にぴったりワインと合いました。
お料理について:パセリをきざんで羊と合わせた。里芋のグラタンを添えてあります。
若林さんのコメント:ロワールやボルドー右岸(ポムロール、サンテミリオン)は鉛筆やピーマン香がするが、日本にはその香りがなぜかしない。奥行がありエレガントで、酸とタンニンがしっかりありバランスよいので羊にしました。

ここでなんとサプライズワインが登場しました!!
Beau Paysage Tsugane Merlot 2000
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_17194427.jpg

とても濃く、香りのボリュームがしっかりした美味しいワイン。ヤギのチーズ、オレンジジャムに合う、満足感たっぷりのワインでした。

イチゴのイルフロッタント 様々な香りに包まれて
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_16152254.jpg

メレンゲとナッツ、イチゴでつくられてボリュームのあるデザートでした。ハチミツのアイスもなかなかGOOD!

オーガニックコーヒーと小菓子
大人色のマカロンを同じテーブルのお友達とじゃんけんで好きな色を選びます^^ 甘いものは別腹です^^;
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_16154861.jpg


今回のワインたちはこちら
Beau Paysage 2009 Release Party@タテル ヨシノ 銀座_d0113725_1801990.jpg

最初から最後まで、すばらしいお料理で、ワインとは今までになくぴったりと合っていました。
岡本さんは、2009年は自然にブドウがなってくれた良い年だったと言っています。ワインも少なくとも昨年よりもおいしく感じました。ただ、残念なことにBeau Paysageはいつも入手困難でなかなか飲めません。いつかどこかでまた出会えたらうれしいですね。
今回のリリースパーティは、若林さんのBeau Paysageを理解しているからこそ、すばらしいマリアージュにつながったのだと思います。
岡本さんのワイン、来年も楽しみです。今年もよい気候になるといいな~。頑張れBeau Paysage!
by memefiesta | 2011-05-03 18:42 | イベント
月日がたつのも早いもので、今日から5月ですねぇ。あーアップしたいものがたんまりたまっている~^^;
暦通り出勤のGWとなりますが、ここらで少し挽回したいと思います。

今日は、4月9日のツアーの続きからスタートです。
もういいよーと思われるかもしれませんが、ちょっとだけお付き合いください。

宮光園の後は、お待ちかねのランチです。名物のほうとうが大きな鍋にたっぷり!他にもおつまみもありました。
ちょっとご無沙汰です ほうとうと合わせたワインたち@勝沼_d0113725_13453946.jpg

このほうとうに合わせたワインはこちら。新田商店の新田さんの選りすぐりのワインたちです。
ちょっとご無沙汰です ほうとうと合わせたワインたち@勝沼_d0113725_13492267.jpg

山梨市 鴨居寺 天屋原 甲州 2010 (旭洋酒)
 豊国農園 栽培家秋山晴英氏と旭洋酒、新田商店のコラボレーションによる限定ワインです。生産本数314本。
 甲州の豊かな果実味とまろやかな酸味が特徴のおいしいワインでした。

アルブランカ ビーニャ イセハラ 2010 (勝沼醸造)
 みなさまご存知の入手困難な人気の甲州ワインです。
 甲州なのですが、すこしソーヴィニヨンブランの雰囲気がある、天屋原 甲州と好対照なワインでした。

Toriibira Pinot Noir 2009 (東夢ワイナリー) 
 東夢ワイナリーは勝沼で一番新しいワイナリーです。甲州で有名な鳥居平地区に唯一ピノノワールを植えています。通常はメルローとブレンドして出しているそうですが、新田商店さんのオリジナルでピノノワール100%のワインをリリース。
 果実味がしっかりある樽香のきいた良いワインだった、とうちのワインの師匠談。

Vin du Chaburai Rouge 2009 (ダイヤモンド酒造) 
 ダイヤモンド酒造と新田商店のコラボレーションワイン。フランスのVin de Table、イタリアのVino da Tavola、スペインのVino de Mesaと呼ばれるヨーロッパのテーブルワインを日本版にアレンジ。テーブル⇒ちゃぶ台と名付けたもの。楽しいですね~
 マスカットベリーAの香り豊かなThe日本という味わい。これが一番ほうとうにあっていたかも。

ランチの後は、新田商店さんでワインを買いました。お店の雰囲気がとても良いのと、なかなか入手できないワインが揃っているのも魅力です。
ちょっとご無沙汰です ほうとうと合わせたワインたち@勝沼_d0113725_14594859.jpg

by memefiesta | 2011-05-01 15:02 | ワイン
昨日も朝から仕事^^;
でも夜は、2週連続休日勤務の気分転換に、たまに参加するワイン会に久しぶりに行ってきました。

場所は、新橋の鳥取プラザの2階にある「オステリア・モンテマーレ・ トットリーネ」。鳥取の美味しい山の幸・海の幸を使ったイタリアンのお店です。以前から行きたかったお店でした。
「鳥取イイネ」から「トットリーネ」と付けられた造語だそうで、なかなかよいネーミングですね^^。
ロゼスパークリングでお花見気分@トットリーネ_d0113725_23121577.jpg

今回は、お花見延期による穴埋めとのことで、持ち寄りワイン会でなく、ワインが用意されていました。
最近人気のロゼ。しかもスパークリングばかり。みごとです!
ロゼスパークリングでお花見気分@トットリーネ_d0113725_2313870.jpg

グラスに注がれた色がどれもきれいです。桜の時期にぴったりですね。
ロゼスパークリングでお花見気分@トットリーネ_d0113725_2318894.jpg

参加者の中の一人が持ってきてくださったSAKURAというカバ。ボトルの色もなかなかGood!
ロゼスパークリングでお花見気分@トットリーネ_d0113725_23184321.jpg

お料理もとてもおいしかったです。パスタとトマトソースに使うトマト以外はすべて鳥取の食材を使っているそうです。
写真左上は、鬼海老をつかった一口バーガー。パンは岩ノリ入り。写真右上は、ふきのとう。鱈のブランダードといちじくのソース。写真左下は、シジミのパスタ。写真右下は、地元(忘れた~)食材の豚バラ肉のソテー。
ロゼスパークリングでお花見気分@トットリーネ_d0113725_2328343.jpg

他にも持ってきてくださったワインが3本あり、おいしくいただきました。
ロゼスパークリングでお花見気分@トットリーネ_d0113725_2335993.jpg

話題はやはり震災・義援金のことが中心に。職業はみんなバラバラの中で、それなりにどうすることが一番いいのか、それぞれの立場から真剣に考えていたこともわかりました。

まだ寒い日が続いていますね。満開の桜が見られるのは今度の週末かな?

オステリア・モンテマーレ・トットリーネ
東京都港区新橋2-19-4 食のみやこ鳥取プラザ2階
電話:03-5537-2558
http://www.tottori-plaza.jp/MONTE-MARE.html
by memefiesta | 2011-04-03 23:55 | ワイン
焼津おさかなセンターは、東名高速をおりてすぐのところにあります。

焼津漁港でとれたお魚の他、鰹、マグロ、海老、金目鯛、黒はんぺん、蒲鉾類、ひものなど海産物がいっぱい。
日帰りの旅 焼津 その2_d0113725_23373064.jpg

日帰りの旅 焼津 その2_d0113725_23381041.jpg

日帰りの旅 焼津 その2_d0113725_23384873.jpg

大きなかぶと煮が並んでいたり、見ているだけでも結構おもしろい。
日帰りの旅 焼津 その2_d0113725_23553195.jpg

外にも、中にも食事処がたくさんあります。500円ぐらいの海鮮丼屋さんが多いかな。
軽食的なものだと、まぐろのメンチカツや鰹の中華まんやマグロの中華まんなどもあります。
日帰りの旅 焼津 その2_d0113725_23412625.jpg

そして私たちが必ず行くのが、回転ずし「まぐろ1本」です。
日帰りの旅 焼津 その2_d0113725_2345621.jpg

日帰りの旅 焼津 その2_d0113725_23453277.jpg

こちらのお寿司は、ネタが大きく身厚で新鮮で安い。食べ応え十分!マグロ3点盛(赤身、中トロ、大トロ)、近海3点盛(その日のお魚)、海老3点盛(甘エビ、大エビ、ボタンエビ)などあり楽しいです。
日帰りの旅 焼津 その2_d0113725_23481892.jpg

めったに食べない大トロなんかも遠慮なく食べてしますが、身を優先的食べたい私は、途中からご飯のみ半分に切ってうちの師匠に手伝ってもらってもらいます(笑)
そんなで食べたお寿司はこんな感じ↓ もちろん食べたもの全てではありません。
日帰りの旅 焼津 その2_d0113725_2352146.jpg

たらふく食べて満足、満足^^ 年に1回の楽しみです♪
タグ:
by memefiesta | 2011-01-15 23:59 | 旅 日本
このところ忘年会、ワイン会が続いて早く退社する分、残りの日は残業、土日も仕事と、休む暇なしフル活動で、
てんてこ舞いの日々をすごしています^^; 皆さまも年末は何かと忙しい方が多いのではないでしょうか。

さて、「東御市のワインを地元・信州の食材とともに楽しむ会」のメインのお料理は、
まさに地元食材とワインとのマリアージュが最高で、美味しく堪能してきました。

VIANDE
信州和牛と茸のパイ包み焼き ソースポルト(うちのワインの師匠がオーダー)
パイの中は粗めにたたいた和牛と数種類の茸は入っており、肉汁が詰まっていてとても美味しかったです。
東御市のワインを地元・信州の食材とともに楽しむ会3@ヴィラデスト_d0113725_10254829.jpg

信州産 鹿ロース肉の栗粉のパート包み ペッパーソースとビーツのピューレ
鹿肉の焼き加減がちょうどよく、脂身のない赤身のしっかりとした味にとても満足。見た目もきれいです。
東御市のワインを地元・信州の食材とともに楽しむ会3@ヴィラデスト_d0113725_10272999.jpg

そしていよいよ赤ワイン対決です。
メルロー2009 (はすみふぁーむ)
 すみれ、ベリー、なめし皮を感じる。酸がしっかりあり、アルコールが強い感じ。
東御市のワインを地元・信州の食材とともに楽しむ会3@ヴィラデスト_d0113725_10393123.jpg

メルロー2009 (リュー・ド・ヴァン)
  甘い果実、ベリー系の香り。酸はまろやかで果実味(干しブドウ、プラム)もしっかり。
東御市のワインを地元・信州の食材とともに楽しむ会3@ヴィラデスト_d0113725_10395778.jpg

ヴィニュロンズリザーブ メルロー2008 (ヴィラデスト)
  黒い果実、樽の香り(バニラ、バター)。酸が中心でタンニンもしっかりあり、後味に果実味が主張してくる。
東御市のワインを地元・信州の食材とともに楽しむ会3@ヴィラデスト_d0113725_10402361.jpg

 赤ワインの方が、共通のしたテロワールがあると感じました。お料理にもマッチしてよかったです。

DESSERT
カリンのゼリーとリンゴのババロワ
東御市のワインを地元・信州の食材とともに楽しむ会3@ヴィラデスト_d0113725_1152781.jpg


食事の間、小山さん、蓮見さん、小西さんといろいろお話でき、すべてに満足の会でした。
遠くてなかなか訪問できないのですが、また来春にでも遊びに行きたいと思っています。

東御市のワインを地元・信州の食材とともに楽しむ会3@ヴィラデスト_d0113725_11374868.jpg


さて、仕事の方では、この土日も年末のイベントを企画してしまったため、これから外出です!
行ってきま~す♪
みなさまも良い一日を!
11月20日。玉村豊男さんのヴィラデストでワイン会があったため、宿は小諸にとりました。
小諸は小さな町ですが、昭和の香りのたっぷりつまった雰囲気のよい町です。

信州といえば蕎麦。ランチは、手打ち蕎麦の老舗「丁子庵」でいただきます。
丁子庵@小諸と小諸散歩_d0113725_0314162.jpg

私は「きのこおろし蕎麦」。浅間山麓のいろいろな種類のきのこと辛味大根のピリピリ感がよかったです。
丁子庵@小諸と小諸散歩_d0113725_0365165.jpg

母は「そばとそばがきセット」。久しぶりのそばがき。甘辛のたれにつけていただきます。
丁子庵@小諸と小諸散歩_d0113725_0431386.jpg

新そばの味を楽しみたいと大盛りの辛味大根おろしそばにしたのが、うちのワインの師匠。
丁子庵@小諸と小諸散歩_d0113725_045788.jpg

新そばは喉越しもよく、歯ごたえもあってなかなかおいしかったです。

4人だったので「そばおやき」の野沢菜と期間限定リンゴもたのんでみました。中にそば粉も入っていて、もちもちしていておいしい。お土産に買って帰りたかったのですが、日持ちを考えて残念ながらあきらめました・・・
丁子庵@小諸と小諸散歩_d0113725_0482215.jpg

小諸は、映画「男はつらいよ」の撮影でよく使われたところ。店内には渥美清さんの写真がありました。
「男はつらいよ サラダ記念日」のロケ途中にここで召し上がったようです。

お食事の後は、ぶらぶら散歩。立派な門の先に真っ赤な紅葉が・・・。日本らしい雰囲気。
丁子庵@小諸と小諸散歩_d0113725_058328.jpg

味噌屋さんが数軒、サラダ記念日の撮影で使われた小諸病院やたくさんのお寺などお散歩に楽しい町です。
こちらは小諸駅。駅の中でとれたての野菜を売っています^^ 野沢菜や下仁田ねぎなどどれも安い!
母は、大きな下仁田ねぎの束を150円でお買い上げ。
丁子庵@小諸と小諸散歩_d0113725_135789.jpg

ここで両親を小諸において、私たちは上田駅に移動しました。
次回は、ヴィラデスト、Rue de Vin、Hasumi Farmのワインを楽しんだワイン会の内容をアップします。
先日の長野の旅の途中、休憩した中央道の双葉PAで、見つけたのがこれ。
「B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリ」でみごと2010年ナンバーワンに輝いた「甲府鳥もつ煮」です。
甲府名物 鳥もつ煮@双葉PA_d0113725_23581129.jpg

結構並んでいたのですが、興味津々で買ってみました。
甲府名物 鳥もつ煮@双葉PA_d0113725_2359561.jpg

焼き鳥でいう砂肝、かしら、レバーなど、こりこりしていたり、やわらかかったり、いろいろな食感が混ざっていて醤油ベースの甘辛い味付けになっています。なかなかおいしい^^

パーキングエリア内のお土産物屋さんには、鳥もつ煮を使ったお土産がバリエーション豊かに並んでいました。
鳥もつ煮味のおせんべい、鳥もつ煮ふりかけ、冷凍鳥もつ煮・・・

B級グルメで一位になることが地域活性になるとよく聞きますが、本当にそうなんですねー

山梨といえば、ワイン・フルーツでしたが、これからは、甲府鳥もつ煮もプラスしましょうか^^
タグ:
長野のワイナリー報告を楽しみにしてくださった方、ごめんなさい。少しお待ちください。
今日は、ちょっとホットな話題を先にアップします。
それは、2010年11月27日(土)に開催されたFESTIVIN@恵比寿です。
自然派ワインの作り手とそのワイン、自然派ワインを愛するビストロやレストランが集合した
"自然派ワインの祭典"が恵比寿で開催されました。
私たちが参加したのは16時から20時までの第2部。

まず舞台ではコーディネーターの勝山さんがご挨拶。
次にフランスはロワールのミュスカデから駆け付けたギィ・ボサールさんのスピーチ。
FESTIVIN@恵比寿 に行ってきました_d0113725_2256342.jpg

最後に、同じくアンジューから来たマルク・アンジェリさんのスピーチでスタートです。
2人とも知る人ぞ知るビオディナミ・ワイン界の大御所。
FESTIVIN@恵比寿 に行ってきました_d0113725_23113995.jpg

このFESTIVINがすごいのは、私たちのお気に入りのお店「アヒルストア」でいただいたいるようなワインや
曽我さん(小布施ワイナリー)、つよぽん(四恩醸造)、小山田さん(ルミエール)、岸平さん(タケダワイナリー)、
岡本さん(ボーペイサージュ)、金井さん(金井醸造場)などすばらしい日本のワインもいただけるのです。
その数、300種類!!

さっそく日本のワインに直行しました。
私の大のお気に入りのワインの生産者岡本さんとアヒルストアの妹さんが並んでいるのが不思議な感じ^^
FESTIVIN@恵比寿 に行ってきました_d0113725_239124.jpg

時間がたつほど人が増えてきました。自然派ワイン好きだけでこんなにいるんですねー 大盛況です。
FESTIVIN@恵比寿 に行ってきました_d0113725_23235213.jpg

飲んだワインの一部です。だんだん酔っ払ってきてワインの写真はあまり撮っていなかったです^^;
FESTIVIN@恵比寿 に行ってきました_d0113725_23573479.jpg

FESTIVINのワインリストはこちら
http://www.festivin.com/wine-list/
おつまみは自分で好きなものを買いに行きます。
山利喜@森下の もつ煮込み
FESTIVIN@恵比寿 に行ってきました_d0113725_2317325.jpg

フェリチタ@表参道のパスタ、ウグイス@三軒茶屋のいろいろデリプレート、祥瑞@六本木の自家製ソーセージ
マルディ・グラ@銀座の自家製ハムは、御覧のように最後には骨だけに・・ 
FESTIVIN@恵比寿 に行ってきました_d0113725_2320368.jpg

アヒルストア@富ヶ谷は、なんとガールズおにぎりバー!かわいい女の子がにぎってくれます。一つ100円!
妹さんのおすすめのおかかをいただきました。おかかだけでなく、お米自体がおいしかったです
FESTIVIN@恵比寿 に行ってきました_d0113725_23221742.jpg
 
その他、おいしそうなものがたくさんありました。FESTIVINの食べものリストはこちら。
http://www.festivin.com/food/
舞台では楽しい演奏が続きます。ビックリするほど日本語ペラペラのこの方の演奏は幻想的な音色で素敵でした。
FESTIVIN@恵比寿 に行ってきました_d0113725_23354293.jpg

鹿取さんに頼まれて写真をパチリ!マルク・アンジェリさん、鹿取さん、ギィ・ボサールさん、岡本さん。
FESTIVIN@恵比寿 に行ってきました_d0113725_23395884.jpg

このFESTIVINのすごいところは、お気に入りのワインや美味しいおつまみがいただけるだけでなく、
生産者の方々や日本ワイン好きの仲間と直接お話ができること。これが一番の楽しみだと思います。
来年もぜひ企画してもらいたいと心から願っています。
by memefiesta | 2010-11-29 00:26 | ワイン