人気ブログランキング |

カテゴリ:料理( 3 )

例年元旦の昼間は実家ですごします。
年末母が風邪をひいてしまったため、母主導のお節料理の品数がちょっと少なめ。妹と私でサポートしました。
2011年 元旦のお節料理とワインと・・・_d0113725_2251446.jpg

卯年にちなんでかわいいウサギのお菓子。「雪うさぎ」という福岡のお菓子だそうです。
マシュマロの中に黄身餡が入っていますが、ほどよい甘さでなかなかおいしい。
2011年 元旦のお節料理とワインと・・・_d0113725_22141985.jpg


たくさん食べた後は、お散歩。
NHKのブラタモリを参考に、お茶の水から神田明神⇒湯島天神⇒本郷⇒東大赤門⇒春日⇒後楽園⇒水道橋とぶらぶら歩きました。びっくりしたのは湯島天神の長蛇の列。受験生とその家族が、入場許可がでるまで寒い中じっと待っているのです。列の横を通りながら、皆さま無事合格しますように・・・と心の中でお祈りしてしまいました。

元旦の夜は私のうちでお正月メニューです。
お料理教室で習った「人参と海老のテリーヌ アメリケーヌソース」を再現してみました。しかしこれは大失敗・・・。
人参のムースの部分がフォンドボーを入れたとたん明るいオレンジ色からブラウンに変わってしまいました。色合いがめでたい色だったので作ってみたのですがショック・・・。
2011年 元旦のお節料理とワインと・・・_d0113725_22513731.jpg

うちのワインの師匠。久々にやさしい言葉。「味はまぁ大丈夫」と言ってくれました。

写真はありませんが、メインは両親がもってきてくれたズワイガニを鍋にして、さっぱりといただきました。
合わせたワインは、はすみふぁーむのシャルドネ2009。
2011年 元旦のお節料理とワインと・・・_d0113725_2252594.jpg

先日ブログでアップしたヴィラデストでいただいたものと同じものです。シャルドネですけど、どうしてもソーヴィニヨンブランぽく、草の香り、ハーブのニュアンスがあります。これが、鍋とぴったり合っていました。両親にも喜んでもらえてホッとした元旦となりました。
by memefiesta | 2011-01-02 23:04 | 料理
先日久しぶりに、うちのワインの師匠の妹=義理の妹(Kさん)家族宅に遊びに行きました。
3歳のかわいい息子さんとかわいくてやんちゃなミルポア(という名前の犬)に会うのも楽しみなんです。

Kさんの作るお料理は本当にすばらしくおいしいんですよ。それはおいしいレストランでいただくお料理のように本格的で手抜きがないからなのです。だからお邪魔するときは、ごちそうになってばかりです。
うちのワインの師匠も、うちの小さなセラーに入らないワインの中でも大事なワインを妹のうちのセラーに入れさせてもらったりして、夫婦でお世話になりっぱなしです^^;

今回は、メドックマラソンのほんの気持ちだけのお土産と10月のお料理教室で習った前菜「砂肝のコンフィ レンズ豆のサラダ」を持って伺いました。
本当はお料理を持っていくのはドキドキです。ご主人もグルメな方なので・・・

まずは、ヴーヴクリコ イエローラベルで乾杯!(写真撮り忘れました・・)久しぶりのシャンパーニュ^^

お料理の名前は、Kさんのブログからそのまま書きますね。手前から・・・
 ・キャロットラぺ
 ・スモークサーモンとオレンジのマリネ
 ・春菊とリンゴのサラダ
ホームパーティ@Kさん家族宅_d0113725_224565.jpg

どれも味のバランスがサイコー。スモークサーモンとオレンジのマリネは、オレンジの甘さと酸味のバランスが絶妙(Kさんのブログご参照)。春菊とリンゴの組合せは初めていただきましたが、リンゴと一緒のせいか、春菊のくせを感じず、さっぱりといただけて、これまたおいしい。どれもシャンパーニュによく合っていました。

 ・右側:豚のリエット ヴィロンのバゲットと一緒に
 ・左側:砂肝のコンフィとランティーユ(レンズ豆)のサラダ
ホームパーティ@Kさん家族宅_d0113725_2251084.jpg

豚のリエットは、とてもやさしい味なので、パンがどんどん進んでしまいました。
砂肝は、本当はグレス・ド・オア(ガチョウの脂)で作れば味や香りに深みが増したのですが、やはりグレス・ド・オアは鴨のコンフィを作るときまでとっておきたくて、今回は紅花油でつくりました。息子さんがお代わりをしてくれただけでも良かったと思っています。

合わせたワインは、ちょっと思い出のワイン(と後でわかったのですが・・・)
Pernand-Vergelesses 1er Cru Île de Vergelesses 2005 ペルナン・ヴェルジュレス1級 イルドベルジュレス 2005 Domaine Chandon des Briailles ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアーユ
ホームパーティ@Kさん家族宅_d0113725_23131362.jpg

きらきらとした黄色。バランスのよい正統派のシャルドネという感じのワインでした。おいしかったです。
実はこのワイン、うちのワインの師匠によると2005年9月の収穫時期に、このドメーヌに訪問していました
2005年当時はワインのことをよく知らずドメーヌの名前が憶えられなくて。今になってそうだったのか・・・と^^;

 ・エビとマッシュルームのグラタン
ホームパーティ@Kさん家族宅_d0113725_23487.jpg

久しぶりのグラタン。コクがあって高級フレンチでいただくホワイトソースの味。うまーい!ワインともぴったり!

 ・イベリコ豚のソテ レンズ豆の煮込み キャベツのブレゼ ペコロスのキャラメリゼ
ホームパーティ@Kさん家族宅_d0113725_236328.jpg

イベリコ豚はいうまでもなくおいしーい。「レンズ豆の煮込み」は砂肝用に持ってきたレンズ豆をスープで煮ることで、砂肝といただくのとはまた違った味にアレンジしてくれました。さすがです!ペコリスも品のよい甘さ・・

2本目のワインは、大好きな岡本さんのワイン^^ Beau Paysage La Montagne 2007
ホームパーティ@Kさん家族宅_d0113725_175382.jpg

ちょっとブルゴーニュっぽい感じ。酸と果実味がしっかりとわかるワインでした。岡本さんのワインは力強いです。

料理とワインのマリアージュも最高でしたし、息子さん・ミルポアともしっかり遊べて超満足。
楽しくて幸せなホームパーティでした058.gif  Kさん、今回もごちそうさまでした。
by memefiesta | 2010-11-08 01:36 | 料理
友達からお庭で獲れたというフェンネルをいただきました。
フェンネルとサーモンの蒸し焼き と ボーペイサージュのシャルドネ_d0113725_115451.jpg

さて、フェンネルと言えば、サーモン。
成城石井でノルウェーサーモンの新鮮なあらをゲット。
簡単にフェンネルと蒸し焼きにしました。
フェンネルとサーモンの蒸し焼き と ボーペイサージュのシャルドネ_d0113725_117675.jpg

ワインは、ボーペイサージュ2005年シャルドネと合わせました。
岡本さんのシャルドネは、日本のシャルドネの中で一番好き♪ 最高でした^^
フェンネルとサーモンの蒸し焼き と ボーペイサージュのシャルドネ_d0113725_117426.jpg
 

サーモンとフェンネルの蒸し焼きの作り方
by memefiesta | 2009-03-22 01:55 | 料理