人気ブログランキング |

カテゴリ:旅 アメリカ( 10 )

食事の後はデザートです。日本ではよく行列になっているGold Stoneがありました。
もちろん、並んでいる人はいません。
太る~と思いながらも、せっかくだからとトライしてしまいました。
サンフランシスコの旅 SF市内編5_d0113725_7475176.jpg

甘~い、甘すぎる・・・ 満足感のすごいこと!
選んだのも、ナッツとキャラメル入りにしたので甘いのは当たり前ですけど^^
アイスのおかげげで時差を感じなくなるほど元気になって、街歩きスタートです。
サンフランシスコの旅 SF市内編5_d0113725_749737.jpg

こんな芝生でお昼寝できたら気持がいいだろうな~と思いながら左手を見ると、
Ghirardelli(ギラデリ)スクエアが見えてきました。
サンフランシスコの旅 SF市内編5_d0113725_7495422.jpg

ギラデリは、サンフランシスコ名物のチョコレートの名前でもあります。
昔、ここにチョコレート工場があったそうですが、今はいろいろなお店が入っています。

もと工場跡地であるので、ギラデリチョコレートショップはもちろんあります。
四角い薄いチョコの間にキャラメルやミント、ラズベリーなどのクリームが挟まっているもの、
何も挟まっていないシンプルなものまで、何十種類もあります。
併設するアイスクリームショップには、でっかいチョコレートパフェが何種類も。
これだけはぜったい完食は無理だろうというサイズです。
サンフランシスコの旅 SF市内編5_d0113725_8252162.jpg


その他に、ワインショップが2件。Wattle Creek Winery と Cellar 360
この日は試飲せずに、どんなワインがあるのかチェック!
どちらのショップもなかなか良さそうです。
サンフランシスコの旅 SF市内編5_d0113725_8154380.jpg

サンフランシスコの旅 SF市内編5_d0113725_8223435.jpg

ビルの隙間からアルカトラズ島が見えます。
サンフランシスコの旅 SF市内編5_d0113725_7591448.jpg

タグ:
サンフランシスコ国際空港に到着が午前10時すぎ。お昼頃チェックインして、
フィッシャーマンズワーフまでくると、ちょうどお腹もすいてくるタイミングです。

シーフードにしようかな~、クラムチャウダーにしようかな~と迷っていると
ちょうど老舗ベーカリー BOUDIN(ボウディン)がありました。クラムチャウダーに決定!
サンフランシスコの旅 SF市内編4_d0113725_13434520.jpg

フランス系移民だったボウディン一家がはじめたベーカリーで150年以上の歴史があるそう。
サワードゥブレッドが有名です。クラムチャウダーも大きなサワーブレッドの中に入ってきます。
サンフランシスコの旅 SF市内編4_d0113725_1344762.jpg

外からはパンを作っているところが見えます。エビ形のパン等あって子供も楽しめます。
サンフランシスコの旅 SF市内編4_d0113725_13502675.jpg

迷ったシーフードのお店は、一か所に何件も並んでいて、カニやエビや貝類などいろいろ。
シンプルに蒸してあるものや、から揚げなど、食べやすいようにカップに入っていて
スナック感覚でテイクアウトできるようになっています。
こちらもとてもおいしそう~でした。サンフランシスコの旅 SF市内編4_d0113725_13574156.jpgサンフランシスコの旅 SF市内編4_d0113725_13575951.jpg
タグ:
さぁ 街歩き!
まずは、インフォメーションセンターへMuni Passport (ミュニパスポート)を買いに行きます。
これがあると、ミュニバス、ミュニメトロ、ケーブルカーに乗れるので便利です。
1日用($11)、3日用($18)、7日用($24)があります。6日間滞在なので、7日用を購入。
こんなカード ↓ です。開けると1~31の数字があるので、使う日をコインで削ります。
サンフランシスコの旅 SF市内編3_d0113725_23361926.gif

サンフランシスコと言えばフィッシャーマンズワーフとケーブルカーです^^
楽しみにしていたケーブルカー。しかし、いつまで経っても来ない・・・なぜ??
めったにないそうなのですが、午前中、人身事故があって動いていなかったのです。
計画変更。バスで移動します。
サンフランシスコの旅 SF市内編3_d0113725_2357622.jpg

お待ちかね。フィッシャーマンズワーフに到着!
サンフランシスコの旅 SF市内編3_d0113725_2359196.jpg

まずはピア39へ。賑やかなショッピングモールで、レストランやギフトショップが並びます。
サンフランシスコの旅 SF市内編3_d0113725_0141635.jpg

奥の海側には、野生のアシカがうじゃうじゃ。独特の声で鳴いていて結構うるさいです。
サンフランシスコの旅 SF市内編3_d0113725_0234434.jpgサンフランシスコの旅 SF市内編3_d0113725_024821.jpg
タグ:
今回は久しぶりの一人旅。
歩いて楽しめる街、英語圏、飛行機代もそれほど高くないところ・・・と選んだのが、
初めてのサンフランシスコです。

初めての場所は、興味津々で何でも見たくなり、朝から晩まで歩きまわってしまうので、
ホテルは、安全な場所、清潔、移動に便利、お手頃価格という条件でインターネットで探し、
期間限定のスペシャルプライス 1泊99ドルの安ホテルを見つけました。
     The Monarch Hotel
     1015 Geary Street, San Francisco, CA94109
     http://www.themonarchhotel.com/
サンフランシスコの旅 SF市内編2_d0113725_214325.jpg

一日中出かけて、夜寝るだけという旅の場合に向いています。
私の泊まった部屋は、窓から隣のビルの壁が見えるだけでしたが、道路に面していないので静かですし、スーツケースを開けて置いても十分なスペースがありました。
サンフランシスコの旅 SF市内編2_d0113725_255858.jpg

キングサイズのベッド、TV、シャワー付バスタブ、冷蔵庫、ドライヤー、アイロン、シャンプー、リンス、石鹸と、ひと通りあり、古いけれども清潔でした。
インターネットもワイヤレスで無料で使えます。
ただ、エレベーターはよく未だに残っているなぁと感心してしまうほど古く、木の扉を手で開け閉めします。スピードもおそーーい(笑) 荷物がなければ、階段を使った方が早いです。
ロビーにコーヒー、紅茶がいつでも飲めるように用意されています。
(おいしいかどうかは別・・・)

ユニオンスクエア↓ までは、歩いて12分ぐらいですし、バスもたくさん通っています。
(10月18日開催のナイキウィメンズマラソンのブースを出していました)
サンフランシスコの旅 SF市内編2_d0113725_2324563.jpg

ユニオンスクエアと反対方向に歩いて15分ぐらい?でWhole Foods(オーガニックフードのスーパー)もある便利なところです。
タグ:
ヨセミテ編に続きサンフランシスコ市内をご紹介します。

まずは空港からのサンフランシスコ市内(ホテル)への移動について。
調べるといろいろ手段がありますが
 ・タクシーは高すぎる。(60ドル以上)
 ・バスはとても安いが、大きな荷物は載せられないらしい。
 ・バスや電車は降りた駅からスーツケースを転がして行くのが大変。
そんなんで、手頃で便利なAirport Shuttle(シャトル)を選びました。
小型シャトルバスのことで、同じ方面に行く人を集めて出発します。
サンフランシスコ国際空港内でDoor to Door Vansのサインを目印に進むと、
出発階Level 3の出たところにたくさん停まっています。

ドライバーに行き先(ホテル名)を知らせれば、どのバンに乗ればいいか教えてくれます。
この写真↓は車内の窓に書かれた料金表。空港から市内までは17ドル+チップでした。
サンフランシスコの旅 SF市内編1_d0113725_2364483.jpg

降りる際にそのシャトルの会社の予約専用電話番号が書かれた名刺をくれます。
帰国前日そこに電話して予約すると割引になり、市内から空港までは13ドル+チップでした。

ちなみに空港から市内に行く場合は、ホテルのランクが高い順で降ろしてくれます。
(自分の泊まるみすぼらしいホテルをみんなに見せずにすむ・・・)

旅のアドバイスとしては、ランクの高いホテルはメインストリート沿いにあるので、
その高級ホテルで降りる人がいる毎に地図と照らし合わせてその場所を覚えておくと、
後で市内を歩きまわるときに目印になり便利です。
タグ:
ヨセミテ国立公園内は、無料シャトルバスが巡回しているので、自分の行きたい場所(例えばハイキングコースのスタート地点やスーパーなど)に行くのに便利です。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編5 Final_d0113725_22412685.jpg


ヨセミテはハイキングだけでなくロッククライミングのメッカ。これは有名なエル・キャピタン。
世界中のロッククライマーが集まってきます。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編5 Final_d0113725_23104982.jpg
この絶壁の最短登攀記録は、2時間37分5秒だそうですが、ふつうは数日かかるそうです。
実は下記写真を拡大してみると、ロッククライマーが何人も写っているのでびっくり!
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編5 Final_d0113725_2311474.jpg

サンフランシスコ行きのバスが最後に立ち寄ったポイントです。池に映った山がとても美しい。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編5 Final_d0113725_23115195.jpg


ちなみにサンフランシスコ往復のバスの運転手さんはすごいです。
大型バスを運転しながらバスガイドまでやってしまいます。
おバカな話からまじめなヨセミテの歴史、地理・地層の話。難しいことをクイズ形式でいろいろ教えてくれたり、途中にある名所の由来やサンフランシスコの過去、おいしい店、過去の地震で倒れなかった建物・ホテルなど・・・ほとんど休まずに話し続けます。
そういうわけで、降りるときには10~20ドル程度のチップを渡すのが習慣です。

日本のバスの運転手さんも見習ってほしい。あっ、それじゃワークシェアリングにならないか。
タグ:
2日目は、朝一番でGlacier Pointへ。
本当は下から登りたかったのですが、サンフランシスコに戻るバスが14時30分出発でした
ので、Glacier Pointまではバスで行き、帰りは歩いて下ることにしました。

ブログの左上の写真でも使っていますが、雄大なすばらしい眺めです。
右側にある半分だけ丸い形の山が、ハーフドームです。この山に登るには往復(休憩含めて)約8時間みた方がよいそうです。次回はぜひ登りたい山です^^
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編4_d0113725_0274910.jpg

こんな地形になったのは氷河の侵食が原因です。パネルがあったので撮ってきました。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編4_d0113725_029186.jpg

ここから下るまでは3つのコースがあるようですが、一番ポピュラーなFour Mile Trailへ。
下りも雄大な景色を見ながら下ります。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編4_d0113725_0325686.jpg

Yosemite滝は、前日に聞いた通り(中央の黒くなっているところ)で水はなく枯れています。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編4_d0113725_033374.jpg

下までは3時間弱と聞いていましたが、1時間50分で降りてきてしまいました。
あまった時間でいろいろ見てしまおうと、ビジターセンターへ。ヨセミテの歴史、地層のこと、動物のことなど、わかりやすく展示されています。

次はスーパーへ。多少高めの値段設定ですが、食料品だけでなくキャンプ道具、衣類、日用品など何でも揃っていて、国立公園内だけですごすのに全く困らないようになっています。

そしてお散歩。先ほどのハーフドームは下から見るとこんな感じ。いいお天気でした。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編4_d0113725_036163.jpg

タグ:
ヨセミテ国立公園内の最高級ホテル AHWAHNEE HOTELを訪ねました。
日本でいう上高地の帝国ホテルのような感じでしょうか。
ラウンジはとても広く立派な暖炉が左右にあり、暖かで落ち着いています。どこもかもがリッチでゆったりとした空間となっています。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編3_d0113725_15591092.jpg

サンフランシスコの旅 ヨセミテ編3_d0113725_1547869.jpg

BARで夕飯を兼ねて、軽く食事を取りました。
Ahwahnee Chicken Waldorf CroissantとAhwahee House Wine Chardonnay
写真ではわかりにくかと思いますが、とても大きく量もあるので、これでお腹がいっぱいです。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編3_d0113725_15513469.jpg

BARからの眺めも素敵です。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編3_d0113725_15525677.jpg

ヨセミテ国立公園内のホテルやロッジはとても高いです。キャンプ場併設のテント内2段ベットのドミトリーのような宿泊施設でさえ、一泊2万円以上です。
そんなわけで国立公園外のホテルに泊まりました。バスを使うことになりますが、最終バスは21時頃まであり、公園からホテルまで30分ほど。ホテル代はお手頃で、キッチン付きで広く、長期滞在できそうなお部屋です。1泊ではちょっともったいない感じでした。
タグ:
ヨセミテに到着後暗くなるまでの数時間、まずは有名なYOSEMITE滝へのハイキングコースに行こうと思ったのですが、大半が雪解け水でできるこの滝は、カラカラという情報をゲット。
10月中旬頃は、天気がよく快適な気候ですが、枯れてしまう滝や池が多々あるようです。

そこで、年中枯れることのないVERNAL滝へ。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編2_d0113725_1359933.jpg

滝の上まで登ったところにあるEmerald Poolのエメラルド色を期待していたのですが、水が少なくPoolにもなっていなかったです^^

帰り道、滝の前で写真を撮ってもらおうと話しかけたのをきっかけに、ドイツ人のトーマスさんと友達になりました。彼はドイツのStuttgartに在住とのこと。Stuttgartはうちの会社の現地法人があり、話が盛り上がりました。

話しながら下っていくと、いろいろな動物たちに遭遇です。まずは熊!!
この写真はトーマスさんからもらったもの。彼はぜんぜん怖がらずクマを近くで撮影。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編2_d0113725_14465275.jpg

立派な角を持つ鹿。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編2_d0113725_14484223.jpg

かわいいリス。
サンフランシスコの旅 ヨセミテ編2_d0113725_14564273.jpg


怖いものから癒し系までヨセミテにはさまざまな動物たちが住んでいます。
タグ:
昨日、山派=山好きと書いて思い出したのが、昨年10月に一人旅したサンフランシスコ。
サンフランシスコの街だけでなく、日帰りでナパ、ヨセミテにも1泊2日で行ってきました。

ヨセミテ国立公園は毎日お天気にも恵まれて、本当にすばらしかったです。
これから、少しずつご紹介していきます。

サンフランシスコからバスで4時間。最初に眺めるのが、トンネル・ビューからの景色です。
左にエルキャピタン、正面にハーフドーム、右にブライダルヴェール滝を望む雄大な眺めです。

サンフランシスコの旅 ヨセミテ編1_d0113725_2201585.jpg

タグ: